よるめるが綴るblog

シングルマザー歴10年超え。趣味、映画、ドラマ、好きな事とこれからの人生。

【私の職場環境】あれから有給休暇について話し合った結果

こんばんは、よるめるです。

皆さんは、有給休暇を満足に消化できていますか?  大企業はそういう規則に厳しい為進んで取れる環境が整っているのでしょうかね。

  私の職場は計5人の有限会社です。少人数で和気あいあいとアットホームな雰囲気で環境はとてもいいです。暇な時間は読書、ネットサーフィン、手芸、おしゃべり、みんなそれぞれの過ごし方をしています。それはとてもいいのですが、やはり有給休暇取りずらいという事が私の会社の1番の問題だと思っています。これはずっとずっとずーっと(エンドレス)感じていた事です。前にも書いてますが。

 

f:id:yorumeru:20190630000309j:plain


 

www.yorumeru.me

 

 

「私だけこんなふうに感じるのかな~みんな真面目だな~みんな用事無いの?有給休暇いっぱい余ってるのに勿体無い」(私の心の声)

自分だけがそう思っているのかと思っていたら、言わないだけでみんな思っていたようで。

 

前回職場の人と話して次に機会があったら有給休暇を年5日取らなければならないという事が法律で決まったので、その辺を社長に聞いてみようということを話していたりしました。

 

https://www.mhlw.go.jp/content/000463186.pdf

https://www.mhlw.go.jp/content/000463186.pdf

 

そして、何かの話でそんな雰囲気の会話になったので、その旨を他の人が社長に伝えてみました。そしたら、なんと社長もその事実はすでに知っていたようで、でも特に今までその事について社長から何か提案があるともなく、今までに至りました。

  これって、法律が定められても、意味なくない??

だって、これって特にその職場で有給休暇取っていなくても、ちゃんと有給休暇取らせていますよって言えば分からないですよね。この法律はちゃんと会社の社長が、理解した上じゃないと上手く機能しないと思います。機能するしないではなく、法律で定められてるからそうしよう!と全ては社長の理解があった上での問題のような気がしてなりません。私の職場のような小さい職場では法律とか、監査の手が伸びない限り、従業員が密告しない限り有給休暇取らなくても絶対バレないんです。

  

  有給休暇を申請するときの社長の態度を見るとみんな申請しづらいようで今の状況になっているようです。これってパワハラですよね、ちゃんと。社長はすごくこれ以外に関してはすごく親しみやすく話しやすい方なので、そこを理解してくれないのがこっちも少し戸惑うんです。私は子供がいるので、結構消化しているので、あまり関係ないんですが。

 

  やはり、1番思うことは社長と前に話した時、聞いたことなのですが社長は前の職場では1度も有給休暇を取った事がない。と断言していた事が印象に残っています。

  ちょうど還暦過ぎたくらいの男性は有給休暇取るなんて事が、有り得ない時代で働いてきたんです。男性と女性の違いももちろんあるし、子供いるいないももちろん関係しますよね。

  社長は男性ですので、子供の学校の行事、委員会、部活関係、自分の子供が小さい時は奥さん任せです、もちろん。そういう時代でしたし、私の父もそうでした。あまり家にいる記憶がないです。

  でも、今は違います。私が参観日に行けば必ずお父さん方が来ている確率は高いです。

  それを理解した上で雇ったのではないのでしょうか?と私は思います。もちろん会社の為に頑張るのはもちろんですが、従業員としての当たり前の権利もおろそかにしてまで身を粉にする必要はないと思います。もちろん、会社が忙しい時は残業ももちろんしますし、ただただ楽して働きたいというわけではないのです。

  

特に、この間まで放送していたドラマ、『わたし、定時で帰ります。』を見ていてさらにこの想いは強くなりました。

 

www.tbs.co.jp

 

何の為にそんなに残業してまではたらくのか、何の為に体を壊してまで働くのか、もう全てが主人公に同感のドラマでした。


「会社の為に自分があるんじゃない、自分の為に会社があるんです。」

 

  このドラマの1番の名言ではないかと思いました。もちろんどちらの為にもってことです。どちらかにひどく偏るのではなく、いいところで従業員と会社側とある程度意見があわないとどちらからしても不満は募ります。このドラマは本当に今の私が1番見たい内容でもあったように感じます。もちろん、種田さん役の向井理さんに夢中になったのは言うまでもありません笑  種田さんロスです泣

 

私も、休みは、少しは気にしますが、取らなければいけない休みは当たり前の権利として休ませて頂いています。

 

  そして、社長に有給休暇の件、法律で年5日取得しなければいけないという話をして、話し合った結果、何も用事がない時でもちゃんと年5日有給休暇を取ろうという方向で決定しました!

f:id:yorumeru:20190630000158p:plain

  

  なんと、罰則もあるようです。違反した場合、30万円以下の罰金などあるそうです。社長はこの法律の話をしても、ばれなきゃ別にいいんじゃないのか、そんなに休まれたら大変になるのじゃないかという発言も飛び出し、いやいやいやいや、ってなりましたが、そこにはやはり経営者と従業員の意見の違いがあるのかなと思いました。

 

  そもそもうちの会社はよほど忙しくなるのは月に多くても5日程で、毎日のある程度のピーク(そのピークもそれほど忙しくない)を終えるとそれこそ、読書、手芸など出来る時間ができるほど何時間も暇になります。だからこそ余計に、有給休暇をみんなに取らせてもいいんじゃないかと思う理由がそこにあるんです。人数は少なくとも1人休んだところであまり困らないという。

 

  そして、いつも有給休暇を取らない人も無事、平日に旅行に行くという理由で有給休暇を取っていました。 もっと私の他にも進んで有給休暇を取るということを習慣にして、プライベートも充実し、休日を満喫し、そして仕事をまた頑張ろうというリフレッシュに繋がればいいなって心から思います。