よるめるが綴るblog

シングルマザー歴10年超え。趣味、映画、ドラマ、好きな事とこれからの人生。

ふんわりふっくらに作れる【厚焼き玉子のフライパン】

こんばんは、よるめるです。

 

私は大の玉子焼き好きです。

 

f:id:yorumeru:20190425222644j:plain

 

卵料理全般が好きなんです。たくさん料理の種類もあるし、卵料理って時間がかからないでおいしく出来るし私は、かなりの頻度で作ります。

味玉もたくさん作り置きしますし、なにかメニューに困ると一品で卵料理投入です。

 

 

母親のかなり甘めな玉子焼きが昔から大好物でしたが、 私は、少し甘さを控えめに白だしがあれば白だし、なければほんだしを入れて砂糖、塩も少々で味付けしています。やはり甘さ控えめだけどちゃんと甘さも感じられるくらいお砂糖入れます。私はきび砂糖使っています。

 

今まで使っていた厚焼き玉子用のフライパンはあまりこだわらず引越し時に新しくニトリでフッ素加工の玉子焼き用フライパンを買って2年ほど使っていましたが、私の使い方が悪かったのでしょうか、表面のフッ素加工がボロボロはげてきちゃいまして全く使い物にならなくなりました。

 厚焼き玉子ってお弁当には必ず入れる私にとって必需品だし、やっぱり美味しい玉子焼きが作りたい!と思い調べて購入したのは

 

銅製のフライパンです!

 


 

 

 よくテレビで見るおいしい玉子焼き屋さんのフライパンは全てと言っていいほど銅製のフライパンです。

  今まで何で銅製のフライパンを選ばなかったのかと思います。もちろんフッ素加工のフライパンでも美味しい玉子焼きは焼けますけども、ふわふわ感はケタ違いだと思います。硬くても美味しいですが、ふわふわだと料理屋さんで出されるだし巻き玉子のようですごくテンション上がります。

 

【銅製】玉子焼きフライパンの特徴

f:id:yorumeru:20190426225018j:plain

 

銅製のフライパンは熱伝導性が高く、熱が均一に伝わりやすいのでムラになりにくくふわふわのキレイな玉子焼きが作れます。火加減は中火でいいようですが、私は中火より少し弱火めにして焼いて焦げにくいようにしています。

  もちろんその日に作る私の状況なども関わってきますが、以前のフライパンよりかなり美味しく作れます。

 

f:id:yorumeru:20190426225819j:plain

 

写真はちょっと空洞ができてしまいましたが、そんな日もあります笑

 

見た目では分かりづらいですが、ふわふわでご飯のおかずにももちろんですが、私はお酒のおつまみに作りますし、友達が遊びにきて小腹がすいたというと友達の子供達にも食べさせたりしますが、好評です。

その家によって味付けも違うし使う料理器具も違うし、でも美味しいと言ってくれるとやっぱり嬉しいですよね。絶対的に半分はこのフライパンのおかげであります。

 

こんなにも食感が変わるのかとおどろいたのと同時に、かなりの割合で作る私にとって、フッ素加工のフライパンより少し値段は高かったですが、購入して大満足のフライパンでした。